オススメの1冊
どんな手順でTOIEC対策をするかなど、わかりやすくチャートで紹介してます。また、具体的な勉強方法も詳しく解説されており、各問題の攻略法なども紹介さており、おすすめの一冊です。
「できる人のTOEICテスト勉強法」
発売日2008/8/1 中経出版 著者:中村 澄子
TOEIC試験に向けて、Part7対策。普段の生活では、ビジネス文書を目にする機械が少ないので、点数が取れるはずがありません。また、従来の問題集とは違って、まずは英文問題をする前に日本語で同じ問題を解くといった構成で、頭に入りやすくなってます。
「TOEICテストPart7を1問1分で解けるようになる本」
発売日:2008/6/11  小学館
TOEICをはじめて受験する方、または点数が低迷してる方への、700点突破を目指すための重要なポイントがあり、身につけられる一冊です。
「CD付 新TOEICテスト 1週間でやりとげるリスニング 」
発売日:2007/6/13 中経出版

TOEICとTOEFLの違い

TOEICとTOEFLって何が違うのか疑問じゃありません?私が高校生の頃、進学のパンフレットをみて、何が違うのかとても気になってたのですが、それから数年が絶ちましたが、相変わらず何がちがうのかわからずのままでしたが、今日疑問が解決できます。スッキリー

では、では、全部英語のテストだから、どれを受験しても同じじゃない?っておもってる方、確認しましょう。

TOEIC

TOEICは、英語のコミュニケーション能力を評価するテストですが、一方で、一般的なTOEICの試験ではリスニングとリーディングのみなので、実際に使用できるコミュニケーション能力があるのか?と疑問の方もいらっしゃるでしょう。
では、TOEICの受験者とは、いったいどういう方なのでしょうか?それは、就職を控えている方や、企業に就職している方が主です。
なんと、このTOEICは、600点以上のスコアを持っていると、とても有利になります。

TOEFL

TOEFLの試験は、主にアメリカやカナダ他の英語圏へ留学を希望する受験者のための試験です。現地の大学の授業についていけるかということを測定するのです。
なんと、165カ国以上5000以上の機関で、TOEFLの点数を採用してます。留学するには、それぞれの大学で設定されているスコアをクリアする必要があります。その為、アカデミックな問題が多く出題されてます。

英検

私が学生時代のころは、英検が普及してましたが、英検をうけんするよりは、今の時代TOEICを受験するほうが良いのではないか・・・とおもいます。

TOEIC、TOEFLは、それぞれの目標によって、受験が変わってきますね。

QRコード

「TOEICMaster」のQRコード
外出先から気軽に当サイトへアクセスできますので、ご利用ください。

サイトマップ

当サイトについて

当サイトの掲載記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。
(c) TOEICMaster Allright Reserved.